業務用に浄水器を導入する

浄水器

浄水器のコスト

浄水器は使う末端で水を浄水するための装置のことです。浄水器は業務用で使われていますが、その理由としては水の質を良くすることによってさまざまなメリットが得られるためです。一般的に浄水器といえば飲料水用が知られ家庭用では飲料水を手に入れることが目的です。もちろん浄水器を使って高度な浄水をすることによって、美味しい水を手軽に手に入れることができます。その一方で業務用器具で水を使用するものでも浄水器で浄水することで美味しい飲料や料理を提供できるほか使用する業務用器具へのダメージを減らすことができます。業務用で使われるものでお客に提供するものとしては給茶機や冷水機、コーピー・エスプレッソマシン、アイスメーカーなどがあります。また調理器具としてはスチーマーやスチームコンベクションオーブン、パスタスチーマーなどがあります。業務用浄水器の仕組みそのものは家庭用と変わりなくろ過することで浄水しますが、業務用浄水器では大量の水を短時間に浄水できることが大きな特徴といえます。また業務用浄水器では水の質を変えることも可能です。これは飲料水としてのメリットがあるほか食器などを洗うさいにもメリットがあります。業務用浄水器では硬水や軟水、またアルカリ水などを作ることができるものもあり、水の性質によって洗剤や汚れの溶け具合に違いがありその特性を理解することで効率よく掃除をすることができます。業務用浄水器のコストとしては、比較的大型のものがほとんどで導入するには2万円から10万円以上は必要です。一方でフィルターカートリッジは定期的に交換しなければならず、半年から1年程度で5000円から2万円程度のコストが掛かります。

Copyright© 2018 浄水器で水道水を綺麗にする!留塩素やサビなどの不純物を除去できる All Rights Reserved.